お知らせ

NEWS

  • ニュース・新着情報

    • 豆知識【業務改善・高効率化】

      • 豆知識【就職活動、昇格試験】

        • 豆知識【業務・就職活動・日常生活問わず】

          • ブログ

            『マニュアル』って本当に必要なのか?
            2022/03/06
            皆さま、こんにちは。

            暖かくなってまいりましたね。
            同時にスギ花粉も舞うようになってまいりました。
            私はスギ花粉のアレルギーを持っており、この時期になると花粉症に悩まされています😖

            2月1日より、顧客先にてとある車載システムの開発支援業務を受け持つことになり、現在、顧客先で常駐しております。
            その中で、私に与えられた任務として、車載システムのブラックボックステストの実施とその手順書作成を行っております。

            今日は手順書や説明書、言い換えると『マニュアル』についてお話しします。

            2枚の画像をご覧ください。私の愛車の取扱説明書、『マニュアル』です。マニュアルが厚いことにお気づきかと思います。

            昔の自動車はここまでボリュームがなかったかと思いますが、電装品が格段に増えた現在の自動車では特に電子システムに関する説明書きが増えているのです。

            さて、このマニュアル、ユーザーは見るでしょうか?
            恐らくあまり見ないですよね。見るだけで膨大な時間を要します。

            車に限らず、パソコンやスマートフォン・タブレットなどの電子機器は、マニュアルではなく、機器の設定画面等でユーザーに対し、操作を『誘導』する形態になっていると思います。鉄道の券売機や銀行のATMもそうですよね。これによりマニュアルのボリュームを減らしているのです。
            電子機器でなくても、自動車のドア開閉やエアバッグの注意書きなど、ユーザーの見えるところにシールなどで掲示しています。

            では、マニュアルはもはや必要ないのでしょうか?
            私見になりますが、マニュアルは『必要』と考えます。

            単純に使用方法を説明するだけであれば、先に述べたユーザーへ操作を誘導させる形態が効率的ですが、トラブルシューティングやシステムの詳細情報、システム開発における重要事項の記載など、ノウハウに該当するものは、書面(電子データも同様)で整理すべきだと考えます。これらはその場での対処というより、長期的な資産、財産の蓄積といった目的です。

            システムが複雑化している現在、マニュアルの在り方も常に見直していくべきと考えます。 
            『マニュアル』って本当に必要なのか?
            『マニュアル』って本当に必要なのか?
            OPEN
            MENU
            TOP