お知らせ

NEWS

  • ニュース・新着情報

    • 豆知識【業務改善・高効率化】

      • 豆知識【就職活動、昇格試験】

        • 豆知識【業務・就職活動・日常生活問わず】

          • ブログ

            【中小企業、個人事業主必見!】企業の存在意義とは?
            2021/12/15
            新型コロナの影響により、経営で苦労されている中小企業や個人事業主が沢山いらっしゃるかと思われます。弊社の個人事業主の一つです。

            このような状況下で、企業の存在意義について、改めて考え直す必要があります。

            私は仕事柄、いろんな企業、メディアなどと話をする機会が数多くございます。

            最近よく耳にするのは、中小企業や個人事業主の多くが『資金が足りない』『収益が上がらない』といった経営に対する不安です。

            そして、不安に感じるだけならまだしも、企業の目的は『収益を上げること』という言葉も聞かれています。

            『企業の目的=収益を上げる』、実は逆に収益を大きく下げる大変危険な発想です。皆さまはどのように考えておられますか?

            簡単な例を示します。

            A社は『社会貢献をするので、貢献料としてお金をください』と言いました。
            B社は『収益を上げたいので、お金をください』と言いました。

            お客様はどちらの会社にお金を払いますか?

            ほぼ100%の方がA社と答えるはずです。恐らくB社は収益が上がらずに倒産するでしょう。

            企業には必ず『存在意義』が付きまといます。その最たるものが『企業理念』です。企業理念には必ず『社会貢献』やそれに準ずるものが謳われています。「お客様に喜ばれる商品を提供し続ける」、これも立派な社会貢献の一つです。

            大企業では『社会貢献=商品提供』という形で直接結びつきやすいですが、中小企業や個人事業主になるとなかなか結び付きにくいのかもしれません。

            しかし、例えば自動車業界に関わっている企業でしたら、下記のように解釈できるはずです。

            ・自動車メーカの社会貢献:『移動手段』を提供する。
            ・大手部品メーカの社会貢献:『移動手段』を構成するユニットを提供する。
            ・大手部品メーカの下請け企業の社会貢献:『移動手段』を構成するユニットの構成部品を提供する。

            部品メーカの下請けのような中小企業や個人事業主のレベルでも社会貢献や存在意義が明らかですよね。

            企業は大・中・小、個人関わらず、『存在意義』、企業がなくてはならない理由があって、初めて収入そして収益が得られるのです。

            それでは収益は何でしょうか?

            社会貢献によって得られた対価・収入から、社会貢献に費やしたコスト・支出を差し引いたものです。

            要するに社会貢献の『成果』そのものなのです。

            弊社は『会社の目的=収益を上げる』危険な発想を転換し、企業が『社会貢献をして正当に対価を享受できる』べく、支援し続けてまいります。これも社会貢献の一つです。
            【中小企業、個人事業主必見!】企業の存在意義とは?
            【中小企業、個人事業主必見!】企業の存在意義とは?
            OPEN
            MENU
            TOP